効果

効果

ニンニクとβカロテンについて!

βカロテンは抗酸化作用で知られますがニンニクには100g中生ニンニクで5μgと微量ですが含有しています。一般的には緑黄色野菜に多く含まれます。例えば、モロヘイヤ、ニンジン、ホウレンソウ、バジル、パセリ、しそ、ケール、かぼちゃ、ルッコラなどです。そして抗酸化3トリオのビタミンが今回テーマのβカロテン(ビタミンA)、ビタミンE,ビタミンCの三つで実際この三種のビタミンを摂ることで体内で相乗効果が期待できます。
効果

ニンニクの含有成分ビタミンCについて。

ニンニクにはビタミンCが生ニンニクで100g中31.2mg含有しています。ビタミンCは野菜、果物全般の成分として含まれています。ですので摂取するのが比較的容易ですが、体内に長く残らないのでこまめに摂取することが必要です。
効果

ニンニクの含有成分葉酸の効果について

ニンニクには葉酸の成分が100g中、生ニンニクで3μg含まれます。葉酸はビタミンB9ともいわれ体に不可欠な栄養素です。特に女性の妊娠中、妊活中には多めに必要で400~480μgもの摂取が望ましいと言われます。葉酸は緑黄色野菜や豆類に多く含まれます。
効果

ニンニクの含有成分セレン(selenium)の効果について。

ニンニクには多種の体に良い効果をもたらす成分が含有しています。そのなかの一つがセレンです。セレンは生ニンニク100g中に14.2μg含んでいます。セレンは微量ミネラルで、抗酸化物質として老化防止の作用があり特殊な働き方をしている成分であります。
効果

ニンニクの含有成分カルシウムについて。

ニンニクにはカルシウムが100g中、生ニンニクで181mgも含んでいます。日本人は比較的カルシウム摂取不足になりがちです。野菜を食べる事でカルシウム不足の対策にもなります。ニンニク以外の野菜でカルシウムが比較的多いのは、小松菜が100g中170mg、チンゲン菜が100g中100mgなど、身近な野菜でも摂取できます。カルシウムには骨を丈夫にする以外にも優れた健康効果があります。日本では、カルシウムの摂取適量値は600mgとされている。
効果

ニンニクの含有成分「マグネシウム」について。

ニンニクには多くの微量ミネラルを含有していますが、その中の一つがマグネシウムでニンニクの含有量は生ニンニク100g中25mgです。マグネシウムも抗酸化作用、血圧低下作用、心臓病予防、糖尿病予防など健康な体を維持するための様々な効果が確認さ...
効果

ニンニクの含有成分グルタチオンの効果。

グルタチオンは食品に含まれるアミノ酸に一種で生ニンニクには100g中で240μg含まれます。グルタチオンは抗酸化物質で体内の細胞内でも生成されています。グルタチオンは細胞内に直接存在する為、老化の早さ、病気になり易さをきめる重要な成分です。
効果

ニンニクの含有成分鉄分について!

ニンニクに含まれるミネラル成分のうち鉄分は100g中生ニンニクで1.7mgです。鉄分は、通常の食生活からみると、不足はあまり問題にならず、とりわけ、妊活中、妊娠中、出産後の女性に重要です。
効果

ニンニクの成分「スコルジ二ン」の効果について!

ニンニクは複雑な化学物質のミックスで、実は未だにどの物質や化学成分が効果をもたらしているか、ハッキリしていないほど、不思議な食べ物でそれが魅力でもあります。ニンニクの歴史は深く、すでに4500年も前に、ピラミッド建設で、あの大きな石材のかたまりを、加工、運搬、設置する重労働をした労働者の疲労回復にも活躍したというほど、人間とは、深いかかわりがあります。今回はニンニクの成分「スコルジニン」の効果についてです。
効果

ニンニクの成分「アルギニン」の効果について。

ニンニクには多くのアミノ酸が含まれます。アルギニンは成人だと、グルタミン酸から体内合成ができ、必須アミノ酸ではありませんがその生成量が少ないため外部摂取も必要とされる成分です。アルギニンは疲労回復、免疫向上、血管拡張効果が知られていて妊活にも応用されています。
タイトルとURLをコピーしました