ニンニクの成分「スコルジ二ン」の効果について!

ニンニクとβカロテンについて! 効果
ニンニクとβカロテンについて!

ニンニクは複雑な化学物質のミックスで、実は未だにどの物質や化学成分が効果をもたらしているか、ハッキリしていないほど、不思議な食べ物でそれが魅力でもあります。ニンニクの歴史は深く、すでに4500年も前に、ピラミッド建設で、あの大きな石材のかたまりを、加工、運搬、設置する重労働をした労働者の疲労回復にも活躍したというほど、人間とは、深いかかわりがあります。今回はニンニクの成分「スコルジニン」の効果についてです。

スコルジニンの効果について 。

スコルジニンの効果についてです。


スコルジニンは、硫黄化合物の一種です。

スコルジニン は、体内のカロリーを強力な酸化還元作用で燃焼を促進させ、エネルギーに変えエネルギー代謝の効率を良くする働きがあります。

さらに、疲労回復に効果のあるビタミンB1の働きを助ける作用があります。

また、体内の組織を若返らせ、新陳代謝を活発にして、血管を拡張させる効果があり、抹消血管を拡張して血行を良くし血圧をさげます。

そして、心臓の筋肉に作用して、拍動を活発にして呼吸をスムーズにし、胃液の分泌を活発にして消化を助けたり、体内の老廃物を排出する手助けをします。

スコルジニンはどんな症状に効くか。

スコルジニンはどんな症状に効くかについてです。


カロリ―の燃焼効率を上げるので、細胞内に脂肪をストックする皮下脂肪、内臓脂肪の増加を防げます。

また、更年期の症状である倦怠感、冷え性にも効果があります。

その他、疲労回復、、食欲不振、利尿作用、発汗促進、精子の増殖促進効果も期待されています。

また、血管拡張作用からは、血液循環促進、血小板凝集抑制作用、血中コレステロール低下作用や血液浄化作用があるため、高血圧や動脈硬化、高脂血症、心筋梗塞などの効果も期待できます。

最近は便利なスコルジニンのサプリメントも利用されています。

まとめ。

今回は「ニンニクの成分「スコルジ二ン」の効果について!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました